脳の血管異常

腰痛

脳動静脈奇形とは、脳の血管に異常がある場合の疾患名です。血管の異常とは、本来真っ直ぐな血管がねじれていたりする「本来あるべきではない形」の血管のことを言います。このような異常な血管を持っている場合の疾患名を、脳動静脈奇形といいます。 脳動静脈奇形は、先天的な物です。若い人のくも膜下出血の原因や、脳出血をひき起こす原因となります。 脳動静脈奇形の多くの患者は、何事もなく一生を過ごすことが出来ます。しかし、そのなかで運が悪いと血管が破裂をしてしまう場合があります。そして、後遺障害が残ったり最悪は死に至ります。 注意すべき点として、脳の検査を受けておいた方が良いということがあります。一昔前は、入院して造影剤を使い検査をしないと中々血管の異常が在がわからなかったです。でも、最近はCTやMRIでわかります。なので、検査を受ける事が大事です。

脳動静脈奇形があるのかないのか調べます。調べて、何もなかった場合は普通に血圧などに気を付けていればいいです。しかし、もし血管に何らかの異常が見つかった場合のことをお話しします。 日常生活には、何にも支障はないです。ただ、ちょっとしたことを知っておくと、出血をするリスクが少しだけ少なくなります。 どういう時に出血を起こす場合が多いのかを考えてみます。血管を通る血液の量が急激に増えた場合は、危険とされています。すなわち、激しい運動をした直後などは危険です。また、気圧の変化にも影響されえると言われています。スキューバーダイビングなども、影響があります。女性の場合、出産時も危険です。しかし、血管奇形があることがわかっていたら出血のリスクを減らせます。