発症率が高いがん

腰が痛い

胃がんは胃の粘膜の細胞が、がん細胞となったものです。先進国の中でも日本人に多くの患者がみられます。これは塩分の多い食事が大きな要因と考えられています。そのほかにもアルコールの過剰摂取や喫煙習慣、更に肥満も胃がんの原因とみられます。また近年の研究結果から、ピロリ菌に感染していると胃がんの発症リスクが高まることがわかっています。胃がんの症状としては、初期症状はほとんどありませんが、がんが大きくなるにつれ、腹部の痛みや吐き気、不快感を感じるようになります。また、胃の入り口近くでがんが大きくなると食べたものが胃に流れ込みづらくなり、胸焼けを感じるようになります。胃の出口付近の場合は、胃から腸への流れが妨げられますので胃もたれや膨張感を感じるようになります。更に進行し、胃壁から出血するようになると貧血やめまいが起こり、胃壁に穴が開いて内容物が外へ流出すると、腹膜炎などの炎症が起こります。

胃がんの治療は早期に発見し、手術を行うことが重要となります。胃がんの広がりがまだ小さく浅い場合は内視鏡を使った手術が行われます。この場合は数日で退院も可能で、体への負担が少なくて済みます。しかしながら、リンパ節への転移や深い部分にまでがんが広がっている場合には開腹手術を行うことになります。比較的進行していないがんの場合は腹腔鏡を使ってがん組織を切り取り、胃の大部分や胃の神経を温存します。がんが進行している場合に最も一般的に行われる手術としては、定型手術とよばれるものがあります。これは胃の広い範囲と胃の周りのリンパ節を切除する手術です。胃のおよそ三分の二を切除し、残った胃と腸を継ぎます。また、抗がん剤や放射線療法を組み合わせて、再発の防止や苦痛の改善がはかられます。