対応する

整体

頸椎とは、首を支える骨の名称で7つの椎体から成ります。その後方には、脊髄や脊髄から枝分かれする神経根が腕や手に走行しています。頚椎椎間板ヘルニアは、椎体と椎体の間に存在する椎間板が後方に突出する事で脊髄や神経根を圧迫する病気です。腕や手、肩周囲にしびれや痛みを発症させますが、この痛みとは放散痛と呼ばれる激痛が特徴的です。ヘルニアの大きさや圧迫している神経の位置によって、痛みの強さや症状が現れる部位がある程度限られてきます。 中には、小さな頚椎椎間板ヘルニアがあっても症状が現れない場合や、何かしらの首の動作によって症状を発症する事もあります。また、病状が徐々に進行し、場合によっては上肢のみならず下肢にも症状が現れる場合もあります。頚椎椎間板ヘルニアの治療方法には、保存的治療や手術による治療があり早期治療が望まれます。自覚症状とヘルニアを疑う場合には、我慢や様子を見ることなく医療機関へ受診しなければなりません。

頚椎椎間板ヘルニアの自覚症状から、ヘルニア疑いは判断しやすいものです。ヘルニア以外の病状もあるため医療機関への受診が一般的となりますが、中には整骨院へ向かう方も多くいます。頚椎椎間板ヘルニアでは、頸椎の生理的形態も一つの原因と言われている為、整骨院での治療も一つの手段につながる可能性もあります。しかし、医療機関との大きな違いは、画像検査によって医師の確定診断が行えないことにあります。ヘルニアがある時の無理な動作は、脊髄圧迫を促進させる可能性が高いため危険行為となってしまいます。 整骨院での治療を希望する方は、第一に医療機関での確定診断を受ける事が重要です。ヘルニアの有無あるいは程度をしっかり把握し、医師との相談のうえ整骨院における治療を開始すると、より効果的な治療を得る事が出来ることとなります。

腰痛

脳の血管異常

人間の大切な器官である脳の血液に異常が発生してしまう疾患という物が、脳動静脈奇形という物になります。これは後天性ではなく先天性の疾患でありますので、しっかりと検査をしてあるかないかを調べる事が大切です。

read more

腰が痛い

発症率が高いがん

日本人が発症させてしまうがんの上位を占めるのが、胃がんである事は最近あらゆる方が知る事実ともなっています。そんな胃がんですが、先進国ならではの原因で発症するリスクが多くなっています。早期の発見と治療が叶う様に、しっかりと検査を受けましょう。

read more

腰を押す

女性に多い疾患

足のむくみや静脈が浮き出る症状を持っている、女性を悩ましてしまう疾患である下肢静脈瘤ですが、実は古くから存在している疾患です。しかし現在では治療方法も増えていますので、気を病む事なく治療に専念するべきです。

read more

がんの恐怖

医院

先進国である日本でとても発症率が高い恐ろしい病気はがんになります。人間の身体には元々がん細胞がありますが、それが覚醒して病気となってしまうのです。しかし現在は医療が発達していますので、適切な治療は受けられます。

read more

違いを知る

患者尾と医師

胆のうがんと胆管がんは同じ臓器の病気でありますが、違いがありますのでそれを理解しておいた方がもちろん良いです。男女共にどちらに発症するリスクが高いなど、知っておけば今後役に立つかもしれません。

read more